Fワードの習得

Forgive and forget

FのつくWordのイメージとは?

F wordは、Fuckを始めとした汚い言葉とされます。

でも本当にそれだけでしょうか?

今回はFのつく英単語を

ポジティブに前向きなイメージで捉えてみたいと思います。

fortuneという単語を例に上げると

AKB45の歌う「恋するフォーチュンクッキー」は知ってる人が多い。

このフォーチュンクッキーは

アメリカなどのチャイニーズレストランで、

おまけについてくる”おみくじ”入りのクッキーのことで、

あなたの運勢(= fortune )を占うものです。

その運勢を占う人は、占い師(= fortune teller )

彼らはまだ見ぬ未来(= future )を

形(= figure )にしてくれるという

特徴( = feature )を持っていますよね。

つまり、

占い師である Fortune teller

future “と” fortune “を

foresee(= 予見する)のです。

Forgive and forget

“許して、忘れることだ”

これが幸運であるFortuneを引き寄せる姿勢かもしれません。

Forは、前を向いた言葉です。

サッカーなどでも前の方に入る選手をフォワード(= Forward )といいますよね。

forgiveにもforgetにもついています。

一見過去に関わる単語に両方とも思えますが、

未来のための言葉だということに最近気づきました。

fortune も富という意味もあるように、ポジティブなニュアンスがあります。

fateは、運命、定めというようにあなたのに横たわっているものです。

話がそれますが、

fight(= 戦い)が避けられず、それにはfatigue(= 疲労)がついてきます。

しかしそれに勝てば、偉業(= feat )を得られます。

それにはあなたの足(= feet )で立ち上がり歩かなければいけません。

feetは、footの複数形です。”

mean = しょうもない

This is no mean feat.

または、

This is no small feat

という言い方をしても、

“これは(ちょっとした)偉業だ”

(小さなachievementじゃない)

といういう言い方をします。

hulu