よの英会話フレーズ

なぜGild the lilyが「余計な手を加える」?

“Gild the lily”って?

Gild the lilyというシェイクスピアの作品由来のイディオムになると、ネガティブな響きを持ちます。

Gild とは薄く金で覆うこと

つまり、金箔で飾るという意味があるのですが、

すでに素晴らしいもの、美しいものに対して

余計な手を加える、誤った努力をするという意味でも使えます。

オクスフォード英英辞典を見てみると

misquotation, from

To gild refined gold, to paint the lily ;

to throw perfume on the violet, …is wasteful,

and ridiculous excess (Shakespeare’s King John vi ii. 11. )

Oxford Dictionary of English

「少し余計な手を加えて誤った引用(=misquotation)、シェイクスピアの一説からの。」

To gild refined gold, to paint the lilyというフレーズが、本物と書いてあります。

以下は、香水をすみれにかけるなんて、、、無駄なこと、そして馬鹿げた過剰行為だ。

gild the lilyというフレーズではなかったのですから、

シェイクスピアのフレーズ自体に、余計な手を加えてしまったということになりますね。。。

(ある意味文字通り)

英語もRedundantにならずにsimpleに話せるほうが

伝わりやすいので相手に余計な負担をかけません。

Redundancy <  Simplicity

hulu
こんな記事もおすすめ
よの英会話フレーズ

「弱り目にたたり目、傷口に塩、古傷に触れる、火に油を注ぐ」悪いことは重なると言いたい時は?Drop the other shoe?When it rains, it poursなど

2019年1月22日
メイクイット英語塾
タイトルのように、日本語にもイディオムがけっこういっぱいあると思いませんか? やはり、ネイティブだとわからないこと、気づかないことっ …