はの英会話フレーズ

「お花」を使った英会話イディオムたち

Violet, Lily, Rose, Daisyを使った英会話イディオム

花言葉っていわれるように、英語にも花を使って言いたいことを表現する英会話イディオムがいくつかあります。効果的に人の印象を語る場合にもよく使うことができるので、海外ドラマのリスニングだけでなく、英会話にもおすすめです。

a shrinking violet/ヴァイオレット

恥ずかしがりやさんという意味で使えます。

violetは「すみれ」

例)

Come on, girl !

Such a shrinking violet.

「おいでかわい子ちゃん。ほんと恥ずかしがり屋なんだから。」

gild the lily

美しいものに余計な手を加えると言いたいときに使う英会話表現です。

「ユリの花に金箔を塗る」が直訳です。

例)

You’re gilding the lily.

「余計なことしてるよ。」

【関連記事】

>>なぜGild the lily=余計な手を加える?

come up roses

思ってたよりずっと上手くいく

例)

Everything is coming up roses these days.

「最近何もかもうまく言ってる。」

come up smelling like a rose

「思わぬ幸運を手にする」や「怪我の功名だ」

と言いたい時の英会話イディオムです。

なんか優雅な感じですね。

  • silver lining(不幸の中の光るもの)や
  • blessing in disguise(不幸の顔をした神の祝福)、
  • manna from heaven(天の恵み)

も同時に覚えると効率的です。

例)

She came up smelling like rose.

「彼女は思わぬ幸運に出会った。」

fresh as a daisy/デイジー

「元気いっぱい」と言いたい時の英会話イディオムです。

例)

She is fresh as a daisy.

「彼女元気いっぱいね。」

push up (the) daisies

「埋葬される、死ぬ」という意外な意味になります。

daisyは、ヒナギクという花で墓地によく咲いているとされます。

つまり、

死体が埋葬されている上に咲いているのがdaisiesなのです。

その状況をイメージすれば、

pushing up the daisiesも覚えやすくなりますよね。

棺の中にデイジーを押し込むわけではないので気をつけてください。

例文)

His heart condition will see him pushing up the daisies

at a young age.

「彼の心臓の状態じゃ、若くして彼が死ぬのを見ることになるだろうね。」

Oxford Dictionary of English参照

彼の心臓の状態が主語になっています。

英語らしい表現ですが、その分日本人にはピンとこないので、

しっかりこのような英語を習得する必要があります。

lotus eater

Lotus/ロウタスは、「蓮の花」という意味があります。

そして、

「安楽な生活をする人」をlotus eaterと呼びます。

lotus position

「座禅の姿勢、座り方」のことを言います。

late bloomer

遅咲き、大器晩成

例)

I was a late bloomer, being a slow learner.

私は遅咲きだった、飲み込みが遅くてね。

関連記事

Cornerを使ったイディオム表現たち

「目立たない」を英会話イディオムで?

「負けるが勝ち」は英語で?

hulu
こんな記事もおすすめ