たの英会話フレーズ

「頼りになる」を英会話イディオムでa tower of strength?

Reliable「頼りになる」を英会話イディオムで?

He is a reliable person.やHe’s reliable.で「彼は頼りになる」という意味になります。

しかし、それだけでは英会話は難しいのです。

しっかりイディオムも習得してこそ、海外ドラマや英会話もスムーズにいきます。

特に聞いたことがあれば理解するのがぐっと楽になるリスニング対策に頼りになるのが英会話イディオムです。

a tower of strength

a tower of strengthは、「頼りになる人」

You are a tower of strength.

ivory tower


ivory towerは、直訳すると象牙の塔です。

「一般世間から離れた所」という意味になります。

He lives in an ivory tower.

「彼は世間と交わらないようなところに住んでいる。」

a shoulder to cry on

a shoulder to cry onは、「泣きたいときに頼りになる人や、物事」

You should be a shoulder to cry on.

「人が困っているときに頼れる人になるべきだよ。」

a ray of sunshine


a ray of sunshineは、「明るい人、一筋の光」

She is a ray of sunshine.

silver lining(布の裏地)


silver liningは、「困難な状況の中の光」

This is a silver lining.

leading light

leading lightは、「引っ張っていってくれる人、指導者」

She is a leading light.

have recourse to A

have recourse to Aは、「Aに頼る、Aに助けを求める」

I have recourse to the dictionary.

「私はその辞書に頼る。」

hang one’s hat on A

hang one’s hat on Aは、「Aに頼る」

I hung my hat on a business but I failed so I hang up my boots.

「私はとあるビジネスを頼みとしていたが失敗したので、止めました。」

hang up one’s boots


hang up one’s bootsは、スポーツ選手が引退する時、靴を吊るしたままにするイメージから、「引退する」「止める」の意味がある。

hang it up


hang it upも、上記と同じイメージで覚えるのがおすすめです。

It’s time that I hung it up.(hungは、仮定法だから過去形になります。)

hulu
こんな記事もおすすめ