Aの英会話フレーズ

英会話でAppleを使ったイディオム

Appleの英会話での使いこなし方

甘くて身体にもいいとされるAppleは医者を遠ざける。

そのように昔から西洋では言われています。りんごは、英米人にとって大切な果物です。

また、キリスト教においてはアダムを誘惑するリンゴの実。物理学の重力の存在を発見したニュートンの木から落ちるりんごの逸話が有名ですよね。

ビートルズのレコード会社名やスティーブ・ジョブズのアップルコンピュータの例からも、Appleの英語における影響力の大きさを感じませんか?

よって、多くの英会話イディオムにも登場します。とても便利な言いまわしが自然にできるようになるのでおすすめのフレーズばかりです。

  1. an Adam’s apple = のど仏(the uvula/ユービュラは、のどちんこ)
  2. Big appleは、ニューヨーク

ネガティヴな英会話でのAppleの使い方

Bad apple

Bad appleは、Bad peopleと語呂もにていて、周りに悪い影響を与える人や物です。

rotten apple(腐ったりんご)といってもOKです。

She is a bad apple.と言ったりします。

他にネガティヴな英会話イディオムは、upset the applecartがあります。

apples and oranges

They are apples and oranges.

「彼らは、全く別物で比べることは出来ない。」

Upset the applecart

りんごを運ぶカートをひっくり返すイメージから、

計画などを台無しにするという意味になります。

You upset the applecart, you know that?

「あなたが、計画をダメにしたのよ、わかってる?」

しかし、appleの英会話における使い方はポジティヴなものも多いです。

ポジティヴな英会話でのAppleの使い方

the apple of one’s eye

She is the apple of her grandma’s eye.

「彼女は、お婆ちゃんにとって目に入れても痛くない存在だ。」

関連記事↓↓

>>英会話のレッスンで「弱みを握る」を英語にするには?

American as apple pie

Having a gun is American as apple pie.

「銃を持つことは、伝統的なアメリカの考え方だ。」

hulu