Aの英会話フレーズ

“Account for” の使い方あれこれ

Accountが、「お得意様」という意味があるとご存知でしょうか?

Accountは、Accountant「会計士」とは似ていますが違います。

考えてみれば、

accountにパスワードを打ち込んで何回も利用するのも、

お得意様であることと同じ行為ですね。

Aの説明をする

Explainでもいいですが、

日本語でも英語に置いても、

同じ言葉しか使わないと幼稚に聞こえてしまいます。

「同じ言葉の重複」をredundancyと言います。

「Aを占める」と言いたい場合

occupy A, take up Aとともに

account for Aが使えるとカッコいいと思います。

例)

You have to account for the loss.

その損失を説明しなければいけないでしょ。

There is no accounting for tastes.

  • 人の好みの理由を説明することはできない。
  • 蓼食う虫も好き好き

〜の割合を占める

例)

Our product accounts for 30% in Japan.

我々の製品は日本で30%のシェアを占めている。

Aの責任を負う、原因となる(モノ・コトが

例)

The humidity accounts for the discomfort.

この湿気が不快さの原因だ。

hulu