せの英会話フレーズ

「〜に責任を問う」を英会話イディオムで?

結構トリッキーな表現が多いです。

bring A to book(主に英)

Aに責任を問う、弁明を求める、Aを公式に罰する

(chiefly British)

officially punish someone or call them to account for their behavior

公式に誰かを罰するか、責任を求めること。

ex)

The murderer will be found and brought to book.

「その殺人派はいずれ見つかり、責任を問われることになるだろう。」

ODE

throw the book at A

Aを厳しく罰する

charge or punish someone as severely a possible

ODE

bring A to account

Aに弁明を求める、説明責任を求める

call A to account

Aに弁明を求める、説明責任を求める

take A to task

Aを非難する

reprimand or criticize someone severely

for a fault or mistake :

例)

He took some military experts to task

彼は何人かの軍事専門家を非難した。

for their optimistic predictions.

彼らの楽観的な予測に不満があったからだ。

Oxford dictionary of English

on the carpet

油をしぼられて、厳しく叱責されて

(informal)

being severely reprimanded by someone in authority

ODE

例)

I have been on the carpet for what I’ve done.

「自分のやったことで、油をしぼられた。」

jump down A’s throat

Aを厳しく叱る、Aにくってかかる

cut each other’s throats

激しく戦う

go for the jugular(ジャギュラー/頸部)

急所を突く

関連記事↓↓

“Account for”の使い方あれこれ

hulu
こんな記事もおすすめ