ぬの英会話フレーズ

「布地」を使った英会話イディオムたち。Draw a veil over, trim one’s sails, pull the rag from under Aなど

産業革命を起こした国だけあってか、布地を連想させる英会話イディオムも英語の中で頻繁に用いられています。

draw a veil over

cast a veil over, throw a veil overともいい、

「説明を差し控える、秘密にしておく」という意味になります。

You should draw a veil over the matter now.

「その事柄については、説明を差し控えたほうが今はいいよ。」

trim one’s sails

sailは、船の帆です。

scrimp one’s sailsや、pinch one’s sailsとも言ったりします。

pinchは、「締めつける」という意味です。

trim one’s sailsは、

「節約する」や「臨機応変に処理する」という意味になります。

They don’t trim their sails.

「彼らは節約をしない。」

pull the rug from under A

pull the rug from under Aは、

「Aをつまづかせる、Aへの援助を打ち切る」という意味があります。

The bank pulled the rug from under my business.

「その銀行は、俺の事業への援助を打ち切りやがった。」

pull the wool over A’s eyes

put the wool overA’s eyesや、

draw the wool over A’s eyes

「Aの目をくらます」という意味があります。

bring down the curtain on A

「〜を終わりにする」という意味があります。

日本語のイディオムの「まくひき」と同じですね。

You’d better bring down the curtain on this project.

「この企画は幕を引かないとやばいことになるぞ。」

lift the curtain on


「〜を始める」という意味になります。

カーテンを上げて何かを始めるイメージです。

wet blanket

wet blanketは、

「場をしらけさせる人」という意味です。

熱を冷ましてしまったり、火を消化するイメージですよね。

Oxford Dictionary of English参照

a person who spoils other people’s fun by failing to join in with or

by disapproving fo their activities :

Don’t e a wet blanket.

「その楽しみに不参加であったり、活動自体に賛成しない事により人の楽しみを台無しにする人」

【関連記事】

>>おすすめ英和・和英・英英辞書比較

line one’s pockets

私腹を肥やす

【関連記事】

>>ビジネス、お金に関する英会話イディオム

silver lining

不幸の中にあるチャンスや輝き

Every cloud has a sliver liningという言葉の省略です。

「どんな雲にも輝く面を持っている」という意味から来ていて、ネガティブな中にも必ずポジティブな面がある。という、バランス感覚を意識した英語らしいイディオムです。

【関連記事】

>>ダウントン・アビーとゲーム・オブ・スローンズの関係性

>>英会話独学の勉強法比較

hulu