すの英会話フレーズ

「すれすれ」「かろうじて」は英語で?

関連記事

「危機一髪」は英語で?

「食いつなぐ」は英語で?

「事なきを得る」は英語で?

「なんとか」「ギリギリ」「あやうく」を英語で?

「すべりこみで間に合う」は英語で?

「タッチの差で」は英語で?

just barely

すれすれで(基準にはかろうじて足りている)、ギリギリで

例)

I just barely passed Eiken 1 grade.

私は英検1級にすれすれで受かりました。

just barely in time

時間ギリギリで間に合う

make it to the deadline = meet the deadline

「締切に間に合う」

例)

I made it to the deadline but just barely in time.

締め切りには間に合ったは間に合ったが、すれすれだった。

just make it to A

Aにぎりぎり間に合う

例)

I just made it to the train.

ぎりぎりその電車に間に合った。

just barely within the bounds of the law

法律すれすれで

例)

That was just barely within the bounds of the law.

ありゃ法律すれすれだった。

関連記事

hardly/barely/scarcelyの簡単な使い方

by a hair’s breadth

髪の毛の幅の差で→すれすれで

例)

The streetcar just barely missed me by a har’s breadth./ブトゥす (横幅)vs width/ウィトゥす

路面電車がすれすれのとこ私にあたらず走っていったんだよ。

例)

I won over him by a hair’s breadth.

すれすれでギリギリ彼に勝った。

by a hair

髪の毛の差で→タッチの差で、すれすれで

例)

I lost to him by a hair.

彼にタッチの差で負けた。

skim A

Aすれすれ(すくうかのように)

the surface of the sea「海面」

skim a stone across the lake

「湖面に石を滑らせるように投げる」

例)

The fighter jet was skimming the surface of the sea.

その戦闘機は海面スレスレを飛んでいた。

almost

すれすれまで(基準には少し足りない)

brimは「容器の縁の内側の部分」です。

「容器などのへり/ふち」「帽子のつば」「岸辺/水際」

例)full to the brim「あふれんばかりに」

rimは「円周のふち、へり、端」

つまり周辺部というイメージです。

例)

the rim of a cup「カップのふち」

the rim of a glass「ガラスのふち」

the rim of a hat「帽子のへり」

a pair of glasses with silver rims「銀縁眼鏡」

例)

The glass of water almost overflowed the brim.

そのグラスの水はふちを越えるか超えないすれすれだった。

関連記事

「死に目に会う」は英語で?

hulu
こんな記事もおすすめ