Noの使い方

hardly/barely/scarcelyの簡単な使い方

almost noと覚えるのが一番早い気がしますが、

基本はNoで考えましょう。

関連記事

「タッチの差で」は英語で?

ほとんどNo

例)anyは「いずれの(センスもない)」「どんな(センスもない)」

They have hardly any sense of humor.

彼らはほとんどユーモアを解さない。

例)ここでのeverは「いつも」

It hardly ever snow there.

そこはほとんどめったに雪はふらない。

〜したかしてないかという時に

→〜したとたん

hardly 〜 whenまたはhardly 〜 beforeが普通。

hardly 〜 thanは標準的ではありません。

例)*beforeを否定

She had hardly gone before they began to speak ill of her.

彼女が去ったか去ってないかわからないくらいの時に、彼らは彼女の悪口を始めた。

→彼女がいなくなった途端に彼らは彼女を悪く言い始めた。

↓*beforewhenに変えただけ*

She had hardly gone when they began to speak ill of her.

  1. Hardly had she gone when they began to speak ill of her.(文語的
  2. No sooner had she gone than they began to speak ill of her.

彼女が去ったほうが、彼らが彼女の悪口を始めた時より早いってことは

ないってくらいだった。

彼女がいなくなった途端に彼らは彼女を悪く言い始めた。

We had hardly reached the place when it started raining.

我々がついたかついてないかわからないくらいに雨が降り出した。

→我々がその場所へ着いた途端に雨が降り出した。

関連記事

No sooner thanと倒置表現

Should you have any questionsについて

助動詞の定番

hulu
こんな記事もおすすめ