ItとThatの用法

TellとThat節のパターン

Tellは基本、

心理的に重たいものや長い説明と相性のいい動詞です。

  1. tell a taleは、「話を語る、意味深い」
  2. tailは「シッポ」
  3. trailは「通った跡、引きずった跡、足跡、痕跡」
  4. toilは、「骨折り仕事」

(嫌な時間は長く感じますよね。ちなみに、あくせく働くはtoil and moil)

That節と一緒に使われることが多いのもそのためです。

Story tellerとは言っても

Story sayerと言いませんよね。

I say + that S,VもOKですが、

sayはtellと比較すると

スパッと短い内容と相性がいいのです。

重い内容とTellの相性

Say your nameのような言い方もしますが、

tellにすると正体に秘密感がアップします。

She was so angry

that she might have told them

who she really was,

Chapter 47 A storm of swords

彼女は相当怒ってしまい、

自分の本性を言いかねなかった。

She had a fever too,

and

sometimes shivered uncontrollably,

but

when she’d told the Hound

that she was sick

he’d only snarled at her.

Chapter 47 A storm of swords

彼女は熱もあり、ときどき意図せず震えた

しかし、彼女がハウンドに病気だと言っても、

彼(ハウンド)は彼女に怒鳴りつけるだけだった。

「わかる、見分ける」のTell

tellは語るだけでなく「わかる」という意味もあるので要注意です。

Arya could tell

that he didn’t like what he saw there,

Chapter 47 A storm of swords

アーリヤはわかった、彼がそこで見たものを気に入っていないことを。

I can tell the difference between Japanese and Korean.

Tell the man from the boys

=勇気のあるものや力のあるものと、そうでないものを見分ける。

これは能力のある人や使える人材を見分ける際に

よく使われる表現です。

hulu
こんな記事もおすすめ