たの英会話フレーズ

「退路を断つ」「背水の陣を敷く」を英語で?

英語はコツコツやるものと思っている方は

トータルで見て損をしていると思います。

適切な時期にインターバルで短期集中ができる人のほうが、

圧倒的に英語力の伸びが早いからです。

しかし、

退路を断って、背水の陣を敷いている人には遥か及びませんよね。

関連記事

「くつろぐ」を英語で?

burn one’s bridges

退路を断つ、背水の陣を敷く

burn one’s boats

退路を断つ、背水の陣を敷く

burn one’s fingers

痛い目にあう

get one’s fingers burned

痛い目にあう

burn the candle at both ends

忙しい生活をする

burn the midnight oil

夜遅くまで働いたり勉強をする

on the buck burner(=火口部)

後回しにされて、注目されずにいる

having low priority

ex)

He wants the matter to be put on the back burner.

ODE

優先順位を低くする

「彼はその事柄を後回しにしたがっている。」

on the front burner

優先されて

burn up

燃え尽きる、爆走する、怒る

burn out

焼き尽くす、燃え尽きる、疲れ果てる

burn down

全焼する、燃え尽きる、焼け落ちる

have money to burn

うなるほど金がある

put all one’s eggs in one basket

一つのことに全てをつぎ込む

have all one’s eggs in one basket

一つのことに全てをつぎ込む

bet the farm

すべてを注ぎ込んで勝負に出る

buy the farm

くたばる、戦死する

  1. 戦死したら、お見舞い金で家族に牧場を買うという説
  2. パイロットが広大な牧場に墜落して死んでしまっても、国がその牧場を買って補償するという説

give one’s all

すべてを注ぎ込む

put one’s all

すべてを注ぎ込む

hedge one’s bets

一つのことに全てをかけない、どっちに転んでもいいようにする

England hedged its bets.

イギリスは、うまく立ち回った。

wishy-washyという「煮え切らない」「どっちつかず」とは少し違って、

戦略的に二枚舌(=duplicity)みたいな感じです。

hulu
こんな記事もおすすめ