Sの英会話フレーズ

A skeleton in the closetとHair shirt って?

SkullとSkeletonの違いは?

似て非なるモノですが違いがわかるでしょうか?

  1. Skull/スカルは、頭の骨で頭蓋や頭骨などと呼ばれます。
    つまりドクロ。
  2. Skeleton/スケルトンは、Skull/スカルと音の響きは似ていますが、スペルが覚えにくく間違えやすいため要注意です。
    意味は、骸骨という意味でドクロを含んだ骨全体です。

そして、今日のイディオムですが、ビッグバン★セオリーのSeason 8 Episode17の「火星移住の法則」は、”ラージの恋人であるエミリーの家のclosetに何があるのか?”という場面で終わりますが、それを見ていて思い浮かんだイディオムです。

A skeleton in the closetの意味

a skeleton in the closetの意味は、「隠しておきたモノ」です。

ショッキングであったり恥ずかしい、隠しておきたい、“秘密” でもあります。

このビッグバン★セオリーの素晴らしさの一つは、イディオムがvivid=鮮明でイキイキしているので、覚えやすいところにあります。

” Hair shirt “というイディオム

シェルドンにちょっとしたウソをついたがために、罰として、レナードが赤いセーターを身体に直に着るハメになるのですが、まさに自分のついたウソに対する罰 = Hair shirtでした。レナードの身体は、そのセーターの色に負けず劣らず真っ赤でした。

オックスフォードの英英辞書の説明はさすがです。

hair shirt : [ 横糸を馬・ラクダの毛で織ったきめの荒い布 ]

a shirt of haircloth,

formerly worn

by penitents and ascetics.

直訳的に訳します。⬇

以前に(= formerly)

着られていた( wear – wore – worn )

penitent/ニテント(罪を悔いて後悔している人)と

ascetic/アティク(苦行者、禁欲主義者または、禁欲主義の、苦行の)によって

penitent

罰であるペナルティー(= penalty)を受ける人。

ascetic(禁欲主義の、苦行者)は、aesthetic(=美的)なaesthetician(=エスせティシャン) と似ているように「美しくあることと禁欲的であることは」何か関係があるようですね。

日本人が苦手とする英語表現


①A have something to do with B

=「AとBは何らかの関係がある」

「エスセティックとアセティックは何か関係がある」

Aesthetic has something to do with ascetic.

または、

② 主語+have something in common = 共通点がる

They have something in common.「その両者は何か共通点がある。」

まとめ

Hair shirtは、宗教色の強いイディオムですが、英語のイディオムにはキリスト教の聖書を知らないと、全く頭に入ってこない英語表現が山ほどあり、日本人を苦しめます。まさに、楽して英語をマスターしようとする人たちに対する” Hair shirt “です。

hulu