やの英会話フレーズ

「厄介なもの」を英語で言うには?

“あいつは厄介だ”とか” あれは厄介だ “を英語で?

実は結構厄介な英語表現だと思いませんか?

今回は、英語らしい表現(= 英語の発想に基づいた表現)で

この厄介な英語表現をピックアップします。

Give me a headache/trouble/pain

頭痛、トラブル、痛みといった単語は
全て厄介なモノと言う意味になります。

Put me in trouble

トラブの中に私を置いていく、もしくは放り込むイメージです。

PワードのPutは日本語の発想では使いこなせない表現です。

しかし、英語力アップにはPointとなるキーワードです。

A pain in the neck/ass

またPワードです。

首やおしりの痛みは確かに厄介ですね。

しかし日本語の発想にないため慣れが必要です。

a pain in one’s ass

厄介者、厄介なもの

やっとの思いで家族の元へ帰ってきたジェイミーだったが

ラニスター家の家族達は以前のような関係に戻ることができない。

Jaime to Brienne 

Ever since I’ve returned,

「俺が(キングスランディングに)戻って以来、

every Lannister I’ve seen has been a miserable pain in my ass.( miserable = unpleasant = 不快な )

俺が会ったラニスター家の家族達は、ひどく厄介な嫌な奴ら(= a miserable pain in my ass )だった。

You’ve got the hair for it if not the looks.

お前もその金髪だからラニスターだろ、見かけ(= the looks )は違うが。」

ゲーム・オブ・スローンズの4章1話

金髪同士である美男と醜女(しこめ)の二人の関係が、親密になっているのがわかります。

関連記事

「厄介払い」は英語で?

hulu
こんな記事もおすすめ