Takeの用法

「回り道をする」を英語で言うには?

回り道は = detour/ディートゥアー

遠回り道をする場合は、

make や takeをdetourと一緒に使います。

日本語は「する」を多用しますが、英語では「する」と日本語で言うところもmakeを使うことが多いのです。

takeは「選択する」という意味なので回り道には、ピッタリきますね。

  1. make a detour
  2. take a detour

形容詞のroundaboutを使うことも多い。

発音は、”らウンダバウト”

  1. take a roundabout route
  2. by a roundabout way
  3. on the roundabout course

「回りくどい言い方」を英語で?

roundabout statement

英語はダイレクトな言い方のほうが好まれるので、婉曲な言い方(= in a roundabout way )は、あらぬ誤解を生むかもしれません。

beat around the bush

beat around the bushには、「遠回しな言い方をする」

Don’t beat around the bush.

「遠まわしに言い方をするな。」

「急がばまわれ」は英語で?

ちょっと日本人が苦手言いまわしで表現できるようです。「急ぐと、スピードが落ちるよ」という感じです。

うさこ
うさこ
 More haste, less speedというコトワザがあるのよ
ウッシー
ウッシー
・・発想が少し違うね。比較級を2つ使って表現しているね・・

英会話でのdetourの使い方

ゲーム・オブ・スローンズにおいても、人食い族のゼン族の男が道草の理由を答えるさいにdetour/ディートゥアを使っています。

(We) Took a detour.

Got some supper from a village down that way.

Why does that meat down here taste so much better

than it does on our side of the Wall ?

ゲーム・オブ・スローンズ参照

「寄り道してたんだ。夕食を食べてた、村でな、そこの道を下ったとこにある。なんでこっちの肉は全然味がいいのかな?壁の向こうの故郷の肉(=人肉)よりもな。。」

関連記事↓↓

hulu
こんな記事もおすすめ