けの英会話フレーズ

「喧嘩を売る、喧嘩を買う」は英語で?

Pick a fightとPut up a fightの意味は?

戦いや言い合いを誘発する挑発的な英会話フレーズです。

quarrelは、「不和や、言い争い」という意味です。

pickは「拾う、選ぶ」という意味なので、

喧嘩を売る= Pick a fight

(例文)He picks a fight with anyone.

「彼は誰にでも喧嘩腰だ。」

売られた喧嘩を買う = Put up a fight

Put up Aは、Aに反抗する、抵抗する(耐えながら)

というニュアンスがあります。

put up a fightは、とても頻繁に耳にします。

(例文)

The dog put up a brave fight.

「その犬は勇敢に戦った。」

Put up with A

「Aに耐える、我慢する」

(例文)I can’t put up with you anymore.

「あなたにはもう我慢できない。」

戦うことは、耐えることでもありますよね。

put upというのは戦いの匂いがしますね。

Put up one’s sword

古い英語ですが、剣をさやに収めると言いたいときも

put up A’s swordと言います。

return a sword to its sheath(=さや) :

he put up his sword and gave the body a kick.

(Oxford of English 参照)

「彼は剣をさやに収め、その体に蹴りを与えた。」

刀を鞘に収めるには、我慢が必要ですよね。

ケンカを元さやにするには、我慢が必要ということです。

ゲーム・オブ・スローンズの小説においても

Put up A’s sword

が出てきます。

ブリエンヌ

Put up your steel ! ” 

She shouted at Stannis.

A song of ice and fire

「剣を鞘に納めろ!」彼女(ブリエンヌ)はスタニスに叫んだ。」

hulu