Giveの用法

“Give it a run for one’s money” の意味は?

Vougue Japanが提供しているYoutubeのセレブへのインタビューがとても英会話のリスニングの勉強になると思います。

リスニングは、総合力が試されます。

日本語でも人の話を聞くことは、できているようでできていない人が多いのではないでしょうか?

しゃべりかたも人それぞれですし、

生まれも育ちも違えばスタイルも知識も皆それぞれ独特のものを持っていますよね。

一方で、

家族や友達と話す場合は、適当に話してもだいたい通じる。

だいたいワンパターンの喋り方しかしてません。

人間は、エネルギーをセーブするために、

怠けるように遺伝子に書き込まれているからです。

実は、英語も同じです。

リスニングの方が、

よほどエネルギーや集中力がいります。

ただ量を聞けばよいのではなく、

「単語やイディオムといった知識が十分にないとダメ

ということをまず認識することからがスタートです。

give sb a (good) run for one’s money

「〜といい勝負できる」

というイディオムが下の映像で出てきます。

予め知っていれば楽勝ですよね。

逆に知らなければ、聞き取れても無意味です。

「知ってるか、知らないか」たったそれだけですが、

それが全てです。

黙ってインプットが一番の近道です。

無駄に英会話してる時間はありません。

ペラペラになりたかったら、

黙って勉強が一番の近道だからです。

「あ〜だこ〜だ」言わずに、

覚えたほうが手っ取り早いということを覚えてください。

英単語が覚えられないなら、

英会話イディオムはさらに覚えられないことを覚えてください。

Truth hurts…

効率よく勉強したい人は、英語の字幕をつけて聞くのがおすすめです。

広告も毎月1,000円程度払えば全て削除できておすすめです。

【関連記事】↓↓

>>Giveを英会話で意図的に使うとペラペラに?


hulu
こんな記事もおすすめ