いの英会話フレーズ

色を使った英会話表現

英語の色と日本語の色のイメージは少しずつズレがあります。

そこがとても面白いので、比較的覚えやすいかもしれません。

関連記事

色の色々な表現の仕方

「遜色がない」は英語で?

「物色する」は英語で?

a white lie

他愛もない嘘、軽い嘘、他人を傷つけまいと言う嘘

  • mean-ment-meant

例)

I meant it only as a white lie.

他愛もない嘘のつもりで傷んだ。

関連記事

「罪のない〜」「無邪気な」は英語で?

white elephant

無用の長物

see red

突然激怒する(闘牛の牛のように)

例)

She made him see red.

彼女は彼を激怒させた。

関連記事

「真っ赤な嘘」は英語で?

rose-colored view

楽観的すぎるものの見方(世間知らずなほどに)

rose-tinted viewとも言います。

tintも色彩・色合いという意味があります。

blue blood

貴族, aristocrat= a person of noble birth(高貴な生まれ)

ネガティブに言えば冷たい。

身分の高い人は、情に流されない判断をせまられるからでしょうか。

noblesse oblige/ノウブレス オブリージュ

特権階級についてくる義務や責務

noblesse oblige

privilege entails responsibility

特権に伴う責務

ex

The notion of noblesse oblige was part of the ethic of the country gentleman.

ノウブレスオブリージュの考え方とあh,国の紳士の倫理であった。

ODE

イギリスのドラマの”ダウトンアビー”に出てくる紳士のお父さんも、第一次世界大戦が勃発したときに、戦争に行って国のために戦う気まんまんでした。それがa person of noble birthとしてのあるべき姿だと教育されてきたのでしょうね。

out of the blue

突然に、出し抜けに

A cat appeared out of the blue

猫が突然現れた。

a bolt out of the blue

青天の霹靂(へきれき)

bolt/ボウルトは、稲妻という意味があります。

関連記事

「青天の霹靂」「寝耳に水」は英語で?

green with envy

嫉妬でいっぱいな状態, get jealous

greed/グりードゥは「強欲」「意地汚い欲望」

日本では癒やしのグリーンカラーですが。。。

例)

She was green with envy.

彼女は嫉妬でいっぱいだった。

英語の世界では日本語におけるそれと比べて、

緑はどうも印象が悪いようですね。

全部が全部じゃないですが。

例)

The grass is always greener on the other side (of the fence).

なんかも

「隣の芝は青い(青く見える)」

で、人間の嫉妬しやすさを緑を使って表現しています。

関連記事

「新米の」は英語で?

「親しき仲にも礼儀あり」は英語で?

have a green thumb

園芸の才能がある、ガーデンニングが上手である

こちらは同じgreenでも

可愛らしい表現です。

例)

You’ve got a green thumb.

ガーデニング上手だね。

be all thumbs

手先が不器用

関連記事

「庭いじりする」は英語で?

「不器用な」は英語で?

hulu
こんな記事もおすすめ