よの英会話フレーズ

「良くも悪くも」を英語で?

英会話イディオムの重要性

英会話のイディオム表現を習得したい方は、たくさんいると思います。

しかし、ほとんどの人は中途半端に挫折しています。

私のイディオム習得の経験からも、その大変さは痛いほどわかります。

何度もさじを投げかけました。

覚えるハードルが高すぎるのと量が多すぎるのです。

私が一番本当に苦労したのが英会話のイディオム表現だからです。

英会話イディオムの習得には、気合だけでもダメで、

効率性を求める工夫が不可欠になります。

それではどうしたら良いか?

英会話イディオムのおすすめ習得手順

一見関係ない

whether we know it or not

を使って

イディオムの習得プロセスをご紹介します。

Beric Dondarrion to Hound

It doesn’t matter

what (we think) our reasons are.

There’s a greater purpose at work.

And we serve it, together,

whether we know it or not.

ゲーム・オブ・スローンズ7章5話参照

「俺たちの理由なんてどうでもいいんだ。

そこには大いなる目的が進行中だからな。

俺らはそれに仕えてるんだ、いっしょに、

それをわかっていようとなかろうとな。」

whether we know it or notを聞いた時に

↓↓

whether (it’s) good or bad

「良かれ悪かれ」

「良くも悪くも」

のようなフレーズが浮かんでくるでしょうか?

for better or (for) worse

良かれ悪かれ、良くも悪くも

関連記事

「双刃の剣」「画家とハサミは使いよう」「毒にも薬にもなる」は英語で?

whether the outcome is good or bad

ex

Ours, for better or worse, is the century of youth.

ODE

結果(=outcome)がよかろうと悪かろうと

(例)

「私たちの言いたいのは、良かれ悪かれ、若者の世紀だと言うことだ。」

for better or worse

リーダーズスペシャルをチェックすると

↓↓↓

for better (or) for worse

= for better or worse

私たちのものは、良かれ悪かれ、どんな運命になろうとも、好むとこの混ざるにかかわらず(結婚宣誓式の文句)

リーダーズスペシャル

そのような英語のフレーズがパッと出てくる頭の構造にしていかない限り、

英会話イディオムに関しても習得していくのは不可能なのです。

TOEICや英検、受験といった受け身の姿勢でも頑張ればなんとかなります。

自分自身でイディオムの知識をつなげていく能動的な姿勢が不可欠です。

なぜなら、誰もきちんとイディオムに関して網羅的に教えてくれる人がいないからです。

No matter whether it rains or the sun shinesの省略で、

仮定法現在のなごりで倒置になっている

  1. (Come) rain or shine,
  2. (Come) hell or high water,

といった

  1. 「どんな状況であっても」
  2. 「何が起ころうとも」

が自然に連想できる頭の作り方が必要です。

なにかお天気のイディオムが増えてきたら、

お天気つながりのイディオムを頑張ってつなげたり、

まとめたりするような覚える努力が必要なのです。

英単語を覚えるようには簡単には、イディオムを習得していくことは難しいのです。

お天気つながりは、以下の

  1. Make hay while the sun shines
    「晴れてるうちに干し草を作れ」

そしたら、意味が似ているイディオムもついでに覚えるのが効率的なのでおすすめです。

  1. strike while the iron is hot
    「鉄は熱いうちに打て」というイディオムです。

そして、鉄という意味のironが出たら、すかさず「やるべきことがたくさんある」という英会話イディオムを熱いうちに頭に叩き込む必要があるのです。

  1. have many irons in the fire
  2. have other irons in the fire
  3. have several irons in the fire
  4. have different irons in the fire

どれを使ってもOKですが、
many ironsが一番わかり易いのでおすすめです。

イディオムを習得するポイントはまさに

You should have many irons in the fire

だからです。

The sooner, the better.

「早ければ早いほうがいい。」

でもあります。

Strike while the iron is hotです。

イディオムも鉄のように熱いうちに打てです。

「良くも悪くも」の関連記事

英会話で「It+自動詞」に強くなろう

Whether you like it or not

好きであろうが、嫌いであろうが

You should work hard whether you like it or not.

「一生懸命働くべきだよ、好き嫌い関係なくね。」

関連記事

HardとHardlyのの違いと使い分けは?

hulu
こんな記事もおすすめ