かの英会話フレーズ

「感動させる」「心をつかむ」は英語で?

関連記事

「殺し文句」は英語で?

「心のこもった」は英語で?

「血の通った」「あたたかい」は英語で?

「Aを感動させる」は英語で?

  • impress A「Aに感銘を与える」→「Aを感動させる」
  • move A「Aの心を動かす」→「Aを感動させる」
  • touch A「Aの心に触れる」→「Aを感動させる
  • touch A’s heart →「Aの心の琴線に触れる」「Aを感動させる」

A hit me in my feels

「Aが私を感動させる」「Aが私を感動させた」

(最近のスラング)

hit – hit – hit

win the hearts and minds

心をつかむ

win A

「Aを勝ち取る」「Aをつかみとる」

単数なら、win A’s heart and mind

rank and file「庶民」theを伴って集合的に使われます。

the ordinary members of an organization as opposed to its leaders

例)

His heartfelt speech won the hearts and minds of the rank and file.

彼の心のこもったスピーチが庶民の心をつかんだ。

例)

Her heartfelt gift won the hearts and minds of the kids.

彼女の心のこもった贈り物が子どもたちの心をつかんだ。

例)

His heartfelt gift won her heart and mind.

彼の心のこもった贈り物は彼女の心をつかんだ。

関連記事

「庶民」は英語で?

one’s mind is with A, but one’s heart is with B

理性で考えればAだが、心はBとともにある

マインドもハートも日本語では一緒にされがちですが、

mindは「理性」である頭をつかさどり、

heartが「感情」である心をつかさどるのが英語の世界です。

例)

He has a peaceful state of mind now.

「彼は落ち着きと理性を取り戻しました。」

例)

His song touches my heart.

「彼の歌には心を打たれる」

例)

His mind was with her, but his heart was with another woman.

頭では彼女といるべきと分かっていたが、心は彼女のことを考えていた。

spiritとsoulのイメージ

日本語ではスピリットもソウルも魂と訳しますが、

spiritは「精神(浮いて軽いイメージ)」で、

魂や精神のはたらきを表現するのに使われるワードです。

soulよりも意味が広く、思想や理念民族精神といったものまで含意します。

soulは「腹の底にドンと居座っている重いイメージ」

武士の「切腹」に通じるイメージです。

spiritよりも宗教的な意味合いが強く、

滅びる肉体に対する概念として使われることが多い。

関連記事

heart and soul

「妾」「愛人」は英語で?

Sorryのパターンとその使い分け

hulu
こんな記事もおすすめ