やの英会話フレーズ

「やり返す」「リベンジする」「倍返し」は英語で?

日本語においては、

「リベンジする」を軽く使うこともよくあると思います。

しかし、英会話においてはRevengeを使うってしまうと

「復讐する」といった重々しい響きを持つことになるので、

あまり使わないほうがいいとされています。

また、

get A’s revenge on B

とか

revenge oneself on B

というように、複雑な形になってしまうので、

revengeを日本語で使うように気軽に使うと

文法的にも痛い目にあうので練習が必要です。

関連記事

「執念深い」は英語で?

「しっぺ返し」は英語で?

あなたは英会話でPayが使える人ですか?

「借りがある」と英語で言いたい時の3パターン

get back at A

Aに仕返しする、やり返す

例)

I’ll get back at you next time !

「次は、リベンジするからな。」

You’ll be sorry !

「後悔することになるぜ!」

sorryには、心を痛めるという意味があります。

心を痛める = 後悔する

get A back

Aにやり返す、仕返しする

例)

I’ll get you back !

やり返すからな!

get even with A

Aにやり返す、Aに仕返しする

例)

I’ll get even with her.

彼女に対してはやり返すつもりだ。

tit for tat

しっぺ返し、お返し

an eye for an eyeやretaliation「報復」より

ぐっと言葉が和らぐので気軽に使えます。

例)

I’ll get even with her. It’s tit for tat.

彼女にはきっちりやり返すつもり。お返しにね。(しっぺ返しとして)。

pay A back

Aにやり返す、仕返しをする

例)

You got to pay him back.

やつに対してはきちんとやり返さなきゃいけないぞ。

A is paid back for B

AがBが原因で仕返しされる

例)

He was paid back for what he did to her.

彼は彼は彼女にしたことのせいで、仕返しされた。

“倍返しだ!”を英語で?

  • I’ll pay you back double
  • I take double payback

2倍の仕返し(double payback)を

選択する(Take)(強い意思を持って)

つまり、倍返しだ!

avenge A

Aかたきを討つ、A復讐をする

「〜復讐する」であって

「〜復習する」ではないので要注意です。

例)

They wanted to avenge his death.

彼らは彼の死の復讐をしたかった。

例)

I wanted to avenge myself on him for the insult.

私は彼に侮辱された仕返しをしたい。

↓↓

I wanted to revenge myself on him for the insult.

私は彼に侮辱された仕返しをしたい。

avengerevengeに変えてもOKですが、

本来

revengeはは被害者自身が恨みを晴らすこと、

avengeは被害者のために仇を討つことによく使われます。

Avengersがヒーローもので人気ですよね。

関連記事

「怒鳴り合い」は英語で?

「腹いせに〜する」は英語で?

英会話でのTakeのイメージは?

「道連れにする」は英語で?

hulu
こんな記事もおすすめ