さの英会話フレーズ

「触らぬ神に祟りなし」「火中の栗を拾う」は英語で?

関連記事

「危険人物」は英語で?

「腰が重い」は英語で?

「火遊びをする」は英語で?

Don’t ask for trouble.

トラブルを求めるな→触らぬ神に祟りなし

「自分の犯したミスを言う必要がない」とか

「機嫌の悪い人に話しかけるな」「危険なものに近づくな」など

幅広く使うことができるので大変便利です。

例)

Don’t ask for trouble, Sam. You don’t need to tell her that.

触らぬ神に祟りなしだ。彼女にそれを言う必要はないから。

関連記事

「煮え湯を飲まされる」「火傷する」は英語で?

You’d just be asking

自分でトラブルを求めてるんじゃないのか。→触らぬ神に祟りなしだ。

例)

I wouldn’t talk to my wife while she’s still in a bad mood. You’d just be asking for trouble.

俺なら妻が機嫌が悪い時には話しかけないよ。触らぬ神に祟りなしだぞ。

関連記事

「自業自得」「身から出た錆」は英語で?

「天に向かって唾を吐く」は英語で?

「墓穴を掘る」は英語で?

「人を呪わば穴二つ」は英語で?

Let sleeping dogs lie.

寝ている犬はそのまま寝かせておけ→寝ている犬をおこすな。

sleeping dogs「都合の悪い問題」

ですので、具体的な問題がわからない場合は、

Let sleeping dogs lieではなく、

Don’t ask for troubleが使われます。

例)

Why bother to solve such problems. Let sleeping dogs lie.

なんでそのような問題を解決しようとしてるんだい?触らぬ神に祟りなしだぞ。

Stop bothering 〜というフレーズはよく耳にしますが、

botherの使用法は

bother to do「わざわざ〜する」が普通です。

bother doingもありますがto doの方がよく使われます。

take risks for A

Aのためにリスクを犯す→Aのために火中の栗を拾う

例)

You shouldn’t take risks for the man.

その男のために危険を犯すなんてやめてくれ。

take a big risk for A

Aのために大きなリスクを犯す→Aのために火中の栗を拾う

例)

He took a big risk for me.

彼は俺のために火中の栗を拾ってくれたんだ。

plunge oneself into the fire

火中に身を投じる

plunge/プランジは「突っ込む」「飛び込む」

throw oneself into the fireでも同じ意味になります

fireの代わりにflamesを使ってもOKです。

例)

The firefighter plunged himself into the fire to save her.

その消防士は彼女を救い出すために渦中に身を投じた。

文字通りの「火中の栗を拾う」

  • pull A’s chestnuts out of the fire
  • pluck A’s chestnuts out of the fire

endanger oneself on A’s behalf

Aのために自分が危険を犯す→Aのための火中の栗を拾う

例)

Stop endangering yourself on her behalf.

彼女なんかのために火中の栗を拾うのはやめてよ。

go out on a limb for A

Aのために困った状態に見舞われる→Aのために火中の栗を拾う

out on a limbは「困った状況や立場」「支持されず一人ぼっちで」

(a limb = a branch=太枝)

例)

They went out on a limb for her.

彼らは彼女のために火中の栗を拾った。

関連記事

「ノータッチ」は英語で?

「頬かぶりする」は英語で?

「目をつむる」は英語で?

「黙殺する」は英語で?

「よそ見をする」は英語で?

「蜂の巣をつついたよう」は英語で?

「指一本動かさない」「横のものを縦にもしない」は英語で?

「だんまり作戦とを取る」「たんまりを決め込む」は英語で?

hulu
こんな記事もおすすめ