よの英会話フレーズ

「弱り目にたたり目、傷口に塩、古傷に触れる、火に油を注ぐ」悪いことは重なると言いたい時は?Drop the other shoe?When it rains, it poursなど

タイトルのように、日本語にもイディオムがけっこういっぱいあると思いませんか?

やはり、ネイティブだとわからないこと、気づかないことって多いんですね。

When it rains, it pours.

が「弱り目にたたり目」というのは、以前何回か取り上げました。

が、まだまだ出てきました。

英語のイディオムは、きりがありませんね。

でも、数をこなしていると、英語を話している人たちの発想が見えてくるのが

面白いと言っちゃ面白いんものです。

twist the knife

古傷にふれる、嫌なことを思い出させる

rub salt into the wound

傷口に塩を塗る

add fuel to the fire

さらに追い打ちをかける

add insult to injury

さらに追い打ちをかけるように

insultは、侮辱

fan the flames

火に油を注ぐ、あおり立てる

fanは、扇で風を送る

hit the fan

収集がつかなくなる

fanは、扇風機

drop the other shoe

(よくないことの)ダメ押しする、とどめを刺す

drop the ball

へまをする

Walter to Jesse

When you didn’t drop the ball ?

ブレイキング・バッド参照

「いつお前がヘマをしなかったことがある?」

英語って日本語に直すと強烈な表現に聞こえますね。

日本語なら、「いつもへましやがって」言うところですよね。

Drop dead!は、「くたばれ!」という意味です。

英語はdropが好きですよね。

Why don’t you just drop dead?

Oxford Dictionary of English

「くだばれ!」

rub it in

嫌なことをくどくど言う

Don’t rub it it !

「おんなじこと何回も言ってんじゃねえ!」

hulu
こんな記事もおすすめ