いの英会話フレーズ

「いらつかせる」を英語で?

イライラするとirritate/イリテイトは

語呂的にも似ているので大変覚えやすいと思います。

しかし、

get Aだけで「Aを苛立たせる」という意味になります。

get to Aでも同じ意味になります。

蚊などがあなたによってくるイメージをすると覚えやすいと思います。

まずはそこから覚えるのがおすすめです。

get Aには、

  1. You got me.「君にはやられた」
  2. Go get him !「やつをぶっ殺せ」
  3. I got it.「それはわかった。」

といった意味にもなるので注意が必要です。

getを使った「イラつかせる」表現は非常に多いので

この機会に一網打尽にしてください。

try A’s patience

Aをイラつかせる(Aの忍耐を試すイメージ)

turn A’s stomach

Aを不快にさせる、吐きそうにさせる

胃がムカムカするイメージ

get on A’s back

Aをいじめる、イラつかせる

get off A’s back

Aにちょっかいをかけない

step on A’s toes

Aをイラつかせる

tread on A’s toes

Aをいらつかせる

make A’s toes curl

Aを不快にさせる、イラつかせる

make mischief

いたずらする

get on A’s nerves

Aをイラつかせる、Aの神経を逆なでする

get on the wrong side of A

Aの不興を買う、イラつかせる、うとまれる

get up on the wrong side of the bed(米)

一日を嫌な気分で始める、朝から機嫌が悪い、寝起きが悪い

get out of bed on the wrong side (英)

一日を嫌な気分で始める、朝から機嫌が悪い、寝起きが悪い

grate on A

Aを苛立たせる

grateは「すりおろす」「こする」などの意味があります。

grated cheese

削られたチーズ

hit a raw nerve

神経を逆なでする、イラつかせる

touch a raw nerve

神経を逆なでする、イラつかせる

rub A the wrong way

Aの神経を逆なでする、イラつかせる

rub A the right way

Aを怒らせないようにする

discomfort A

Aを不快にする、苛立たせる

get underfoot

邪魔になる、足でまといになる、イラつかせる

犬や猫が足元にじゃれてきて邪魔なイメージです。

The cat gets underfoot.

その猫は邪魔ばかりする。

get under A’s skin

Aをイラつかせる

in one’s hair

イラつかせる、しゃくにさわる、はなにつく

breathe down A’s neck

Aにつきまとう、Aをイライラさせる

get A out of one’s system

Aを不安やイライラから取り除く

get rid of a preoccupation or anxiety

ex)

Yelling is an ace way of getting stress out of your system.

ODE

叫ぶのは、ストレスを取り除くのに一番の方法である

get out of A’s face

Aの邪魔をするのをやめる、Aをイラつかせる

Get out of my face !!

「失せろ!」「二度と顔を見せるな!」

get up A’s nose

Aをイラつかせる

get A’s goat

Aを怒らせる

(農耕民にならないとイメージがわかないかもしれませんね。)

give offense to A

Aを怒らせる

よく使うフレーズですが

giveを使ったフレーズは手こずります。

No offense (was meant).

悪気はなかった。

(怒らせることは意図されていなかった。)

get the jitters

イラつく、緊張する

break A’s balls

Aをイラつかせる

break one’s balls

ものすごく努力する

卑猥な表現なので余裕がある人は

ドラマや映画のために覚えておいてもいいかもしれません。

hulu
こんな記事もおすすめ