しの英会話フレーズ

「重視する」「軽視する」を英語で?

重んじる*は、

「尊重する」「重視する」など

日本語でも色々な言い方をしますよね。

英会話においても色々な言い方があり、

特にイディオムにおいて様々な表現があります。

日本人にとって頭の痛い表現の一つではないでしょうか?

think much ofやmake much ofがおすすめです。

しかし

put emphasis on Aはご存知でしょうか?

一文字だけが良い方は

value/ヴァりゅュー

emphasize/エンファサイズか、

がおすすめです。

value Aで、「Aを重要視する」

I value his advice.で

「彼のアドバイスは尊重している。」

emphasizeのニュアンスは、

「ハッキリさせる」や「強調する」という意味もありますが、

英英辞典のODEを見ると重要視するというニュアンスが

一番目に記載されています。

give special importance or value to something

in speaking or writing.

Oxford Dictionary of English

「特別な重要性や価値をなにかに与えること、スピーキングやライティングなどで。」

もちろん解説にあるように

give importance to A

= attach importance to A

give value to AでもOKです。

前回は、

make heavy weather of A

「Aを大げさに考える」

という英会話イディオムをやりましたが、

今回もmakeを使った

make a point of Aなどmakeを使った表現もとりあげます。

thinkを使った「重視する」と「軽視する」

I think it’s important.でもOKですが

thinkを使った「重視する」は日本語と全然違いますね。

think much of A

Aを重視する

I think much of her.

「彼女のことは重視しているよ。」

think little of A

Aを軽視する

You shouldn’t think little of the mistake.

think A lightly

Aを軽視する

Makeを使った「重視する」と「軽視する」

Makeを使った重視するは、thinkを使った重視すると似ています。

make much of A

Aを重んじる, respect A

I make much of it.

「それについては重要だと思うよ。」

What do you make of it ?

「あなたはそれに関してどう思う?」

make light of A

Aを軽視する

make a point of A

Aを重視する

上記のemphasize/エンファサイズ

(事実・語句などを)強調する、力説する、際立たせる、くっきりさせる

という意味があるのと同じです。

make nothing of A

Aをなんとも思わない、Aを苦にしない

I make nothing of it.

「そんなことなんともないよ。」

make heavy weather of A

Aを大袈裟に考える=重視し過ぎる

You shouldn’t make heavy weather of what she said.

「彼女の言ったことを大袈裟に考えすぎだよ。」

関連記事

Weatherを使った英会話イディオムたち

Pで始まる「重視する」と「軽視する」

英語はP出始めるワードやフレーズが大好きなので

「重視する」や「軽視する」という表現でもたくさんの言い回しがあります。

emphasizeの方が日本語に近い感で覚えやすいかもしれませんが、

実際の英会話ではPワードを使ったのput emphasis on Aなどが

より重視されるケースが多いと感じます。

put emphasis on A

Aを重視する

play with fire

重要なものを軽々しく扱う、火遊びする

The young fellow plays with fire.

「その若者は火遊びばかりしている。」

play up A

Aを重視する、強調する、宣伝する

= emphasize A

= put emphasis on A

play up to A

Aにゴマをする

play down A

Aを軽視する, understate A, underestimate A

You shouldn’t play down the risk.

「そのリスクを軽視すべきじゃないぞ。」

downplay Aとunderestimate A

underestimate Aも

Aを軽視する(Aを実際よりも過小評価する)

という意味でよく使います。

「見くびる、なめる、過小評価する」が日本語訳なので非常に便利です。

You shouldn’t underestimate him.

「やつを軽視するな。」

downplay A = Aを軽視する

to make people think

that something is less important

than it really is

OALD

例文)

He downplayed the seriousness of the pact.

「彼はその条約を軽視した。」

pay regard to A

Aを尊重する

You must pay regard to the man.

「その男は尊重しないといけないぞ。」

Regard A as Bはオススメ

regard AでAを「重視する」、「尊重する」という意味になります。

They don’t regard the law.

「奴らは法を重視しない。

She was highly regarded there.

「そこでは彼女は一目置かれた。」

She regarded him as an important person.

「彼女は彼を重要人物とみなした。」

They regarded him as just another kid.

「彼らは彼をそこらにいる子供とみなした。」

関連記事

英会話でRegardはムズカシイ多義語?

disregard A

Aを軽視する

Stannis to Davos

Yet dare I disregard her ?

A storm of swords Chapter 54

しかし、あえて俺が彼女を軽視するべきか?

patronize A

ペイトらナイズA

Aにおんぎせがましくする、Aを子供扱いする

Don’t patronize me!

「えらそうにするなって!」

presume to do

厚かましく〜する

Don’t presume to say what to do !

「厚かましくああしろこうしろ言うな!」

「尊重する」と「見くびる」は英語で?

「重視する」ということは「尊重する」のと同じですよね。

hold A in esteem

Aを尊敬する、尊重する

I hold him in esteem.

「私は彼を尊敬しているんだ。」

call A’s bluff/ブラッフ

Aを見くびる(Aのハッタリだとして)

She called his bluff.

「彼女は彼を脅してるだけと見くびった。」

Lookを使った「重視する」と「軽視する」

英語において「見る」という表現は非常に重視されます。

よってl

ook, find, see, watchなどから派生する英会話フレーズの数も多いのです。

しかし、

日本語には同じような表現も比較的少ないため、

以外に苦手としている人が多いと思います。

look up to  A

Aを尊重する、Aをあおぎみる

look up A

Aを調べる

look down on/upon A

Aを軽視する

despise A

despise/ディスパイズも

「Aを軽視する」という意味があります。

〜を〜より重要視するは英語で?

英検準1級などでよく出てくるOutweigh A

意味は「Aにまさる」「Aよりもより重要」という意味で使われます。

Practice makes perfectというフレーズがありますが、

outweighを使うと

Practice outweighs theory in language learning.

= Practice is more important than theory in language learning.

ジーニアス

というようにoutweighを使うと、

more important thanをより短くすることもできます。

outnumber Aで「Aより数でまさる」

と言った表現はさらによく使われるので

ついでにマスターしていくと

効率的なボキャブラリー対策になります。

hulu
こんな記事もおすすめ